"> 各種支援 / 【公式】K.S.ドローンカレッジ
loader image
         

無人航空機操縦者国家ライセンス講習・1~4月トイドローンを申込者全員にプレゼント・無人航空機操縦者国家ライセンス講習・1~4月トイドローンを申込者全員にプレゼント・

         

1~4月トイドローンを申込者全員にプレゼント・無人航空機操縦者国家ライセンス講習・1~4月トイドローンを申込者全員にプレゼント・無人航空機操縦者国家ライセンス講習・

Support
各種支援

人材開発支援助成金

K.S.ドローンカレッジでの受講は国から助成金の支援を受けることはできます。
* 返済不要。

Example
受給例(モデルケース)

株式会社 A - 土木建築業

企業規模:中小企業
授業員数:10名
利用したコース:特定訓練コース(若年人材育成訓練)

  • 育成の課題

    新卒者は資格を有していないため、資格取得のための知識技能を習得させる必要があった。ベテラン社員の退職により有資格者が少なくなり、即戦力が必要となった。

  • 訓練の実施

    受講コース:無人航空機操縦技能コース
    訓練目標:JUIDA無人航空機操縦技能証明証取得

    ❶ K.S.ドローンカレッジの受講料:217,800円
    ❷ Off-JT訓練時間:合計17時間

    1人あたり支給額:110,930円
    ❶ 経費助成:98,010円(受講料×45%)
    ❷ 賃金助成:12,920円(17h×760円)

  • 訓練の効果

    工事現場でのドローンの活用は、飛行許可が必要となるため、講習を受講させて民間ライセンスを入手したことで飛行許可申請の要件が満たされる。

  • 今後の展開

    今後は、無人航空機安全運航管理者の資格取得のための研修も検討する。

株式会社 B - 物流業

企業規模:中小企業

授業員数:130名

利用したコース:一般訓練コース

  • 育成の課題

    新卒者は資格を有していないため、資格取得のための知識技能を習得させる必要があった。ベテラン社員の退職により有資格者が少なくなり、即戦力が必要となった。

  • 訓練の実施

    受講コース:無人航空機操縦技能コース
    訓練目標:JUIDA無人航空機操縦技能証明証取得

    ❶ K.S.ドローンカレッジの受講料:217,800円
    ❷ Off-JT訓練時間:合計17時間

    1人あたり支給額:110,930円
    ❶ 経費助成:98,010円(受講料×45%)
    ❷ 賃金助成:12,920円(17h×760円)

  • 訓練の効果

    工事現場でのドローンの活用は、飛行許可が必要となるため、講習を受講させて民間ライセンスを入手したことで飛行許可申請の要件が満たされる。

  • 今後の展開

    今後は、無人航空機安全運航管理者の資格取得のための研修も検討する。

人材開発支援助成金新たにeラーニングなどによる訓練に助成します!

これまで人材開発支援助成金は「対面」による訓練が原則でしたが新たにeラーニングと通信制による訓練にも、助成金を支給します。(R4.4.1~)

Specific Course
特定訓練コース

若年人材育成訓練
訓練開始日において、申請事業主等の事業所の雇用保険被保険者となった日から5年を経過していない労働者であって、かつ35
歳未満の若年労働者に対する訓練を実施した場合の助成メニューです。
実施訓練の例:基幹人材として必要な知識・技能を順次習得させる訓練
(1年目:無人航空機操縦技能コース、2年目:空撮特化コース、3年目:測量技能、・・・)

  • 訓練対象者

    申請事業主または申請事業主団体等の構成事業主の事業所の雇用保険被保険者となった日から5年を経過していない労働者であって、かつ35歳未満の被保険者

  • 基本要件

    ・OFF-JTにより実施される訓練であること
    (事業内訓練または事業外訓練)
    ・実訓練時間数が10時間以上であること

General Course
一般訓練コース

特定訓練コース以外で、職務に関連した専門的な知識及び技能の習得をさせるための職業
訓練等を事業主もしくは事業主団体等が実施する場合に助成するコースです。
コースごとの助成額・助成率は次の表のとおりです。( )内は中小企業以外の助成額・助成率
* 一般訓練コースは額・率の差はありません。
次のすべての要件を満たす必要があります。この他にもコースごとに要件があります。
次の場合は、上記1~4をすべて満たすとともに、下記要件も満たす必要があります。
実施訓練の例:基幹人材として必要な知識・技能を順次習得させる訓練
(1年目:無人航空機操縦技能コース、2年目:空撮特化コース、3年目:測量技能、・・・)

  • 訓練対象者

    申請事業主または申請事業主団体等の構成事業主の事業所の雇用保険被保険者となった日から5年を経過していない労働者であって、かつ35歳未満の被保険者

  • 基本要件

    ・OFF-JTにより実施される訓練であること
    (事業内訓練または事業外訓練)
    ・実訓練時間数が10時間以上であること

* 育児休業中等の者を対象とする場合は、実訓練時間の要件は10時間以上です。

Eligible Workers
対象となる労働者

次のすべての要件を満たす必要があります。この他にもコースごとに要件があります。

  • REQUIREMENT 1.

    助成金を受けようとする事業所又は事業主団体等が実施する訓練等を受講させる事業主の事業所において、被保険者であること。

  • REQUIREMENT 2.

    訓練実施期間中において、被保険者であること。

  • REQUIREMENT 3.

    訓練実施計画届時に提出した「訓練別の対象者一覧」(訓練様式第4号)に記載のある被保険者であること。

  • REQUIREMENT 4.

    訓練を受講した時間数が、実訓練時間数の8割以上であること。
    (認定実習併用職業訓練については、OFF-JTは実訓練時間数の8割以上、OJTは総訓練時間数のうちOJTの時間数の8割以上であることが必要)

*「実訓練時間数」とは、計画した総訓練時間数から支給対象外である時間(移動時間等)や対象外となる訓練内容の時間を除外した、本助成金の支給対象となる時間数を言います。 * eラーニングによる訓練等(同時双方向型の通信訓練を除く。)、通信制による訓練等及び事業主団体等が実施する団体型訓練の場合は、この要件の例外となります。

次の場合は、上記1~4をすべて満たすとともに、下記要件も満たす必要があります。

※ 一般訓練コースにおいて下記の者を対象とする場合は、実訓練時間数の下限が10時間となります。 ※ 育児休業中の者が自発的に受講を希望した場合も助成対象となりますが、経費助成のみ対象となります。

  • 育児休業中の者

    3か月以上の育児休業取得期間中であって、自発的な申し出により訓練等を受講する者であること。

  • 復職後の者

    3か月以上の育児休業期間終了後に職場復帰した者であって、訓練開始日において職場復帰後1年以内の者であること。

  • 妊娠・出産・育児による離職後に再就職した者

    妊娠・出産・育児により離職した者で、子が小学校就学の始期に達するまでに再就職しており、訓練開始日において、再就職後3年以内の者であること。

Subsidy & Rate
助成額・助成率

コースごとの助成額・助成率は次の表のとおりです。
( )内は中小企業以外の助成額・助成率
* 一般訓練コースは額・率の差はありません

「生産性要件」を満たしている場合、助成の割増があります。例えば...

Application
申請の手順

  • STEP 1. 計画書の作成

    【事業内職業能力開発計画】の作成

  • STEP 2. 都道府県労働局へ必要書類の提出
    *訓練開始前日の1ヶ月前までに

    【職業能力開発推進者】を選任し訓練計画を提出する
    ・訓練実施計画届
    ・年間職業能力開発計画
    ・訓練カリキュラム
    ・訓練別の対象者一覧 他

  • STEP 3. 労働局から申請受理の通知

  • STEP 4. 受講・訓練の開始

  • STEP 5. 助成金の支給申請
    *訓練開始前日の2ヶ月以内に 返済不

    都道府県労働局へ必要書類を提出
    ・支給申請書
    ・賃金助成及びOJT実施助成の内訳
    ・経費助成の内訳
    ・OFF-JT実施状況報告書
    ・支給要件確認申立書 他

  • STEP 6. 労働局の審査後助成金を受給

Get in Touch Today・

Get in Touch Today・

まずは資料請求、または本校見学・無料説明会申込みから! 

まずは資料請求、または本校見学・無料説明会申込みから! 

ith Drone・Join Us W

ith Drone・Join Us W